2019-11-20

OPEN STUDIO

実際に手にとって道具や錠前を見たい気持ち。とてもわかります
12月4日(pm1:00~pm6:00)5日(pm1:00~pm8:00)の二日間だけですが
手にとってあーだのこーだのお話ししましょう!

キリはサイズ違いで出来るだけご用意しておきます

天然砥石だとかデットストックの錠前。イタリア製の美しい錠前とバックル
webサイトには載せていない道具もあったりします

僕はレザーフェアなどに行くとこのまま買って帰りたい革が沢山あります
せめて一枚でも譲ってもらい、早く作ってみたくなりますが展示会なのでそうはいきません
特にヨーロッパのタンナーとなると、言葉の壁、送料、関税、小ロットでは割に合わない。そんなことがあります
先ずはフランスAlran社のゴートからですが、一枚一枚ゆっくり選んでご購入していただけます
1.2ミリ厚のsully デシ単価¥170-
2.2ミリ厚のdiderot デシ単価¥190-
Diderotに関してはオーダー色で作っていただくので、最低45枚前後から発注という個人工房では高い壁があります
何年も前から毎年2色ずつ増やしてストックを少し溜められたので販売できるかなぁ程度の色展開ですがご了承ください
画像はsully定番色以外にシーズンカラーもストックあり

先週ベージュだけ完売してしまいましたが、12月にAlran社に発注予定ですのでストックがあれば直ぐに入荷できるとおもいます

誰か来てくれるといいなぁ

最寄駅:JR山手線、京浜東北線 田端駅(徒歩約8分)
    JR宇都宮線、高崎線 尾久駅(徒歩約11分)など
    Google mapで確認

* 当日開催される東京レザーフェアの会場からも都バスでご来房いただけます。
「草64」池袋駅東口行
二天門 ~ 田端新町三丁目 下車(およそ24分)
都バス時刻表

2019-08-29

OPERA入荷


生徒さんと注文したOPERAのスエード届きました。
私はオリーブとライトグレーを購入


色名と色番、注文した方のお名前タグを付けて一枚一枚検品がてら巻き直しです

何を作ろうか楽しみですね

2019-08-15

今日の鞄教室


Aさんのショルダーもここまできました。
あとは錠前の下りを付けて完成ってところでしょうか
とても綺麗に仕立てられてます
教室の見本と同じモデルを一本と、ご自分でサイズを考えた一本
二本同時に仕立てる事でより理解できると思います
革はアルラン社のゴートですが、2.2ミリ厚のdiderot
やっぱりいいですねぇ何をやっても決まります


Hさんもゴートですが、以前作られた鞄の型紙を参考に構造変更
きゃしゃな感じに仕立てたいとのことで、1.2ミリ厚のsullyを選びました
今ある型紙を応用して新しい鞄にする
素晴らしい


ゴートが続きますが、革の質感、美しさはもちろんですが
発色の良さと、何と言っても革鞄の軽さは女性には嬉しいのもあって
教室ではゴートを使う方が多いです
今回は皆んなでアルラン社にオーダーした銀色のゴート
ほぼご自宅で出来ちゃったんじゃないだろうか
まだ全然ダメって言ってたけど、確実に上達してる
夏に間に合って良かったです

1 2 3 5